ゴルフレッスン・ドライバーのショット
プラウド白壁(名古屋市東区)
http://www.proud-shirakabe.com/
スポーツジムに通うなら絶対パーソナルトレーニング!自分だけのオーダーメイドトレーニング。
総合受付:090-3424-8194

さあ、ゴルフレッスンを始めましょう!ゴルフのプレイヤーなら誰しもドライバーショットの飛距離を伸ばしたいと願うもの。 当サイトでドライバーショットの基本を学んでください。知識を身につけたら次は体力です。飛距離アップを目指すなら今よりも筋力をつけましょう。 スポーツクラブ(ジム)やフィットネス、最近流行のパソナルトレーニングなどに通って腕・脚・背中を鍛えれば、ドライバーショットをよりパワフルに決められるはずです!

長いドライバー

ゴルフクラブの中でドライバーが一番長いですよね。

プロのゴルファーではない素人さんでもクラブの中で最も長さがあるのは、 ドライバーであることは知っているでしょう。 飛距離を出すにはシャフトが長いほうが有利ですし、それが役割のドライバーは どこのメーカー製品でもとっても長くなっています。 だいたい44インチ~47インチのシャフトですが、ドライバー以外のクラブだと 40インチ以下も多いですし実物を観察するまでもなく誰もが知っていること、 それが「ドライバーは長い」です。

続きを見る

立ち位置と角度

立つ(スタンド)位置をおろそかにしてはいけません。

ドライバーでゴルフボールを叩くコツのひとつに、ベストなポジションで構える ことを挙げるコーチは大勢いるようです。 他のクラブでも大切なことですが、どんな飛球になるか理想の軌道をイメージ して、それに真正面から向き合うように右脚と左脚のおよその位置を決定します。 このイメージはことのほか重要で、ゴルフはなによりもメンタル面が物を言う スポーツであるから、上手くいくイメージを脳裏に描けるかどうかが結果を大きく 左右するのはなんとなくわかってもらえるでしょう。

続きを見る

ティーアップ

ボールを高く打ち上げるポイントなども解説しましょう。

長くて細くて硬いドライバーを使ってのティーアップでは、ヘッドよりも2センチ ほどボールが上に出る感じが好ましいでしょう。 本来上昇するような飛び方には向いていないドライバーですが、こうすることで 空に向かって飛距離を伸ばすことがしやすくなるのです。 勢い良くボールをショットするのならドライバーが最も優れたクラブになりますが、 ただまっすぐ飛ばすだけではそんなに飛距離は伸びません。

続きを見る

アドレスとスイング

いよいよゴルフ最大の見せ場についての解説に入ります。

それでは、コースに出てラウンドしましょう。ちなみに1ラウンドは当然18ホールですが、ラウンドするには思った以上に体力が必要となります。 日ごろからスポーツクラブなどで有酸素運動をして基礎体力をつけておくことが肝心です。 体力づくりにはスポーツジムの最新フィットネスマシンを利用したりエアロビクスなどのプログラムに参加するのがお勧めです。
さて、1番ホール第1打はその日の運勢を占う意味でもとても重要な場面になります。 これが成功すればその後も気分良くラウンドできますし、お昼ご飯もおいしく いただけますし冷たいウーロン茶も飲みまくりです。 お昼だけではなく晩御飯もおいしくなりそうで、大好物の唐揚げではなくあまり 普段は好んで食べないあんかけスパでもムシャムシャと箸が進むでしょう。

続きを見る